About This Blog










100年前の 感動 を100年後に伝えたい。


これが、このブログRRR129」のコンセプトです。

私は "感動" を伝える為に生きていきたいと思っています。



それは、1900年初頭のフランスの消防服を分解した時、
それは、19世紀中枢のカントリージェントルマンのフロックコートに袖を通した時、

目頭が熱くなりました。
ただ、目を閉じて全身で感じていたいと思いました。


この「感動」が私の原動力です。


もし、
100年後の未来に、私のつくった洋服がひとに感動を与えることが出来たなら、それを幸せといいましょう。

だから、私が100年後にバトンを繋ぎます。



長谷川について

FB   Insta   twitter


R

ARCHIVES

Search this blog