2016/12/16

1400

| | 0 コメント

半・分解展に来場頂いた皆さま、誠にありがとう御座いました。


延べ1400人以上の方々に足を運んで頂きました。

この個展に向けて動き始めたのが 2016年7月31日。 約4ヶ月をノンストップで駆け抜けました。(この間に会社も退職)

特に、最後の展示となった東京展は 5日間 という短い期間でしたが、多くの出会いに恵まれました。


たったの 5日間 だったかもしれませんが、私にとっては 7年と5日間 でした。

20歳の頃、初めて分解した100年前のフランスの消防服。
ただの作業着であるはずの消防服を解いてみると、驚くほど丁寧に手で縫われていました。
当時の私に、それはあまりにも衝撃的で、思わず涙を流しました。

そこから、私のモノづくりはスタートしたのかもしれません。


「100年前・150年前の "感動" を100年後・150年後に伝えたい」

この想いは、このBlogのコンセプトでもあり、この為に私は生きていきたいと思います。

もし、100年後の未来に、好奇心旺盛な若者が、私のつくった洋服を分解し、同じように涙を流してくれたなら・・・私はそれを「幸せ」といいましょう。

"感動"を伝える為に、このBlogを10年間、書き続けてきました。

来場して頂いた方の中には、数年前から私のBlogを見ていた という方も少なくはありませんでした。
正に、このBlogの世界観を、そのままリアル(現実)に持ってきた形になりました。


「スーツ生誕350周年」

と云われても、あまりピンとこないかもしれません。
ちょうど350年前の1666年10月7日にイギリスでスーツが誕生しました。

2016年は、紳士服史のひとつの節目だったのです。

この個展を催すことで、私に服づくりの素晴らしさや感動を与えてくれた、愛する洋服たちに、少しだけでも恩返しが出来たと思っています。


今個展は ひとりひとりの "感じ方" に着目しました。

分解者の感じ方、来場者の感じ方。
貴方には この洋服たちが、一体どの様に映ったのでしょうか。

敢えて展示品の細かな説明は省き、ありのままを味わって頂けるようにしました。

ただ、一部のマニアックな方には、クンニョの説明や、現代とは真逆の裏地に据える芯据えの方法や、背巾ゆとりゼロの運動量の設計、極端に逃げるNPの位置などを説明させて頂きました。


私は、今後も、この個展活動を通して洋服の秘めた「感動」を少しでも多くの方に伝えたいと思います。 きっと、スーツ生誕400年も私が盛り上げます。

2017年には「半・分解展をより技術者目線で見たセミナー」や「独立し活躍している若手のデザイナーやパタンナーを集めてのトークセッション」など・・・
様々なセミナーを催したいと企んでいます。

セミナー情報は、私のSNSをフォローして頂くと、情報が早いかもしれません。(メインはFBです)

FB   Insta   twitter




この半・分解展をスタート地点として、これからのモノづくりを進んでいこうと思います。

まずは、何より妻と息子に感謝です。


長谷川 彰良



0 コメント:

コメントを投稿

人気の投稿

ARCHIVES

Search this blog