2011/07/19

French Hunting Jacket 6-1

| | 0 コメント
French Hunting Jacket特集、ラストNO.12を飾るのは

「LODEN Cloth Shooting Jacket」です。
ハッキリした年代が特定出来ないのですが、比較的近年のモノと思われます。
古くても1980年~のアイテムではないでしょうか?解る方いらっしゃるでしょうか?



それでは、全体写真からドゾ。


NO.12


まずはフロント。

ウエスト付近には両玉縁のマフポケット、腰にはフラップ付きポケットが確認できます。
フロントは比翼仕立てで、上品な印象を受けます。
フラップポケットは叩きつけでは無く、ぐるりとマチが設けられ、非常に収納力があります。

袖の高さ・納まり等々、「Tailored Jacket」とカテゴライズして良いでしょう。


背面にはAction Pleats(アクションプリーツ)が設けられ、
そして、この袖の見え方・・・

そうです。Pivot Sleeveもちゃんと確認できます。
この様なTailored Jakcetの型でPivot Sleeveのモノは中々無く、見つけたら即購入・即分解・グヘヘhです。



表地に負けずシッカリとした厚みのある素材です。


左裏の下には大きなポケットが吊られています。

脇の下から伸びる共地のテープがポケットを吊っています。
コレも正にハンティングらしいデティール。
たくさんモノを入れてもシッカリ耐えてくれそうです。



続いて衿。


衿裏はカラークロスです。
そして、チンストラップが付きます。
八刺しやジグザグのステッチは残念ながら確認できませんでした。

アクションプリーツや、裏地の吊ったポケット、チンスト。
これだけでも相当"らしい雰囲気"が匂ってきますね。グヘヘh。

また、この写真からLODEN CLOTHの素材感がナントナク伝わるでしょうか?(ローデンクロスとは)

長い毛足に独特の光沢感。荒々しさの中にある上品さ。メルトンやツイードはひと味違った表情。
ホント、カッコイイ生地です。
下の写真なんか毛足の長さが良く解るのではないでしょうか?これなら多少の雨は傘いらずですね。




上記二枚の写真から、Pivot Sleeveを構成するにあたり非常にポイントとなる「腋点」の位置がよくわかります。

私の作るPivotは腋点を非常に高い位置に設定しています。(相当の運動量を確保する為に)
それでいて、収まりも良く美しい。
私の設計するPivot Sleeveも後々、シッカリ紹介します。その為のこのブログですから。




「Action Pleats」「Pivot Sleeve」
私のように、ドロップハンドルの前傾姿勢になる自転車を乗る人には、これくらい運動量が確保されていないと着ていて疲れます。
この後姿で自転車に乗り、東京を走り抜ける様はホント、カッケーすよ。



最後にタグの拡大です。


まずは左裏内ポケットの中にある紙タグから。
一行目に「J/SHOOTING」と記されいますね。なんだか嬉しい。





続いて左裏のタグ。

「Lynton CREST TAILORED」と書かれています。おそらくテーラーの名前だと思われます。
MADE IN THE UNITED KINGDOMの文字。


最後に右裏。
こちらのタグは見たことある人が多いのではないでしょうか?

「ECHTER・TYROLER・LODEN」と書かれています。

この「TYROLER LODEN」現在ではホームページが閉鎖しています。
この記事のために久しぶりに検索したところ、閉鎖されていることに今気づきました・・・
何故でしょうか?非常に残念です。
LODEN CLOTHの生地が数種類紹介されており、歴史や品質etc...
とても見応えのあるHPだったのに。嗚呼残念。

是非、皆さんに紹介したかったのに・・・嗚呼




100年も前、狩猟時に腕の運動量を確保する為に生まれたPIVOT SLEEVE。
2010年代を生きる私にとって、ソレはBIKE SLLEVE。
ロマンを感じるッス。
コレをもう100年伝えたいデス。


さて!
次回のFrench Hunting Jacket 6-2では、今回紹介したLODEN CLOTH Shooting Jacketの解体写真を紹介します。!洋服のブラックジャックになれるかも私。





0 コメント:

コメントを投稿

人気の投稿

ARCHIVES

Search this blog